AGAとは何か

男性が抱く身体的コンプレックスのうち、もっとも多いのは薄毛・抜け毛の悩みではないでしょうか。
薄毛というと中年男性に多く見られるものの、はやい人は思春期以降の段階から抜け毛がはじまるといわれており、薄毛問題は決して中年男性限定のお悩みではありません。

成人男性に見られる薄毛はAGA(エージーエー)といわれ、これはAndrogeneticAlopeciaの略称で”男性型脱毛症”のことを指します。
薄毛に悩む男性の大半がこのAGAであるといわれています。

AGAは、ストレスやアレルギーなどを起因とする”円形脱毛症”や、抗がん剤の投与などによって引き起こされる”薬物性脱毛症”とは異質のもので、一般的には病気という風には扱われないために、病院で受診しても健康保険の適応外となってしまいます。
したがって、AGAは”どうせ遺伝だから”とか、”もう取り返しがつかない”といって、何もせず諦めてしまう人が少なくありません。

AGAの症状として、いわゆる”M字型”といって額の生え際から抜け毛が進行するパターンと、頭頂部から薄毛がはじまるパターンがあり、なかにはどちらも進行がはじまる”複合型”の方もいます。
進行スピードなども含め、症状には個人差があります。

女性にも同じような症状がみられ、”女性男性型脱毛症(FAGA)”と称されます。
AGAとは厳密には異なるもので、頭頂部や前頭部を中心に毛髪が細くなっていくのが特徴的な症状で、完全に禿髪になることは少ないとされています。

AGAで悩む人は日本全国1000万人以上いるといわれています。
実に、20~69歳の成人男性の人口の約3分の1の方が、この悩みを抱えているという驚きの数字です。
これだけ多くの人が悩んでいるのですが、多くの人はAGAと向き合うことを恐れて、何もしない状態にあるといいます。
ところが、放っておけばおくほど症状はますます進行します。

以前と比べて毛量が減ったとか、髪のハリが失われたなと少しでも感じたら、怖がることなくAGAについて知識を深め向き合うことで、AGAを食い止めることができることを、多くの人に気づいて欲しいです。


■特選サイト
世界中で実績を出している発毛治療を行っているAGAクリニックです → 発毛

Copyright © 2014 AGAと向き合う All Rights Reserved.